ホーム > 新着情報 > お知らせ > VMware上で動作するソフトウェア型ルータプランの提供を開始

Zero-Conの今を知るサービス新着情報

VMware上で動作するソフトウェア型ルータプランの提供を開始

2014/10/07

「MORA VPN Zero-Con」において、新たに仮想サーバ(VMware)上で動作するソフトウェア型ルータプランの提供を開始します。

 

また、クラウドホスティングサービス事業者の株式会社えむぼま(愛媛県松山市、代表取締役社長:森正彦)と連携し、クラウドホスティングサービスと本ルータを組み合わせたワンストップサービス『MORA VPN Zero-Cloud』の提供を開始します。

 

 

今後、ファイルサーバ機能や UTM(統合脅威管理)機能等をクラウドホスティングサービスとしてワンストップで提供していく予定です(更に複数のクラウドホスティングサービス事業者との連携も進めてまいります)。


 

提供開始日:2014 年 10 月 7 日

 

■サービス概要

ソフトウェア型VPNルータ+クラウドホスティングサービス+共用/占有回線+運用保守を組み合わせたワンストップサービスを提供します。
本サービスでは東日本/西日本ノードを選択することができますので、お客様のご利用地域によって、ご契約するノードを選択することができます。

 

サービス概要図

 

 

■サービスの特徴

  • ①Zero-Conサービスによる一元管理と、スペック管理の柔軟性

拠点間 VPN サービス(MORA VPN Zero-Con)と同時利用することにより、プライベートクラウドから拠点側のネットワークまで一元管理することが可能。お客様は管理コストと手間を軽減することが期待できます。

 

  • ②フレッツを用いた東西間 VPN 網の実現

MORA VPN Zero-Conで利用ができるフレッツ NGN 網内で拠点間をダイレクト通信をするクローズドVPNを本サービスでも利用が可能です。

フレッツ NGN 網はフレッツ東西間の跨ぎ接続ができないことから、全国に展開するネットワークを構築する際、インターネット VPN と併用して通信を行うケースがあるため、網内のセキュリティレベルを均一にすることが困難でしたが、本サービスでは東日本ノードと西日本ノード間を閉域接続することで(※)、セキュリティレベルを落とすことなく且つ低価格で、全国にネットワーク構築することが可能となりました。

(※)閉域接続回線費用は別途必要

 

  • ③ニーズを踏まえたクラウドホスティングサービス

自社で資産を持たずに運用ができるクラウドホスティングサービスへのニーズが高まっている中、より「安価で」「速くて」「セキュアな」ネットワークインフラサービスが求められています。

それらニーズを踏まえ、クラウドホスティング構築で定評のある、えむぼま社が提供するクラウドホスティングサービス「em-cloud」と、’業界最安 VPN’として好評をいただいている当社サービスを連携し、「安価で」「速くて」「セキュアな」サービスを実現しました。

 

 

■提供価格  ※東西リージョン毎税抜き

<MORA VPN Zero-cloud em-cloud共有回線タイプ>

初期費用 : 160,000円

月額費用 : 15,000円~

 

<MORA VPN Zero-cloud em-cloud専有回線タイプ>

初期費用 : 160,000円

月額費用 : 32,000円~

 

 

 

 

※2016年8月8日掲載文面 編集


 

【本製品/サービスのお問い合わせ先】

アイ・ティー・エックス株式会社

ICTビジネスユニット Zero-Con担当

Mail:zero-con@moranet.jp

電話:0120-956-987 (通話料無料)

9:30~18:00(休日、年末年始を除く平日対応)

 

 

ご不明な点はございませんか? どうぞお気軽にご相談ください。 0120-956-987 受付時間:9:30~18:00(土日祝を除く)

  • 14日間無料お試しはこちら
  • 導入するとき、結局いくらなの? 無料見積りをする

新着情報

  • 代理店・パートナーご希望の方はこちら
  • 資料ダウンロードはこちら
  • 無料簡単見積はこちら
  • 14日間無料お試しはこちら
  • 今、一番導入されているVPN Zero-Conだから出来るコト!!
  • ゼロクラウド MORA VPN Zero-Cloud